Tour of IRAN

0

    泣く子も黙るイランへ。

    前記事に書いたカザフ遠征の食あたりで4人が腹を壊し、西薗氏がイランはDNSとなった。少なくとも解散する以前は自分のほうが重症だったが、奇跡の回復。新城雄大にいたっては「腹痛いです。」と事あるごとに呟きつつも、出国直前の成田ではつけ麺を完食。「うまいです」とか。学歴に勝った瞬間だ(!)

    レースはイラン北西部のタブリーズ周辺で行われた。あの悪名高きタブリーズの本拠地。ただ今年のリザルトをみると本調子とはいえず、直近のカザフでもおとなしかったことから、イケるんではないかと期待していた。

    ただ我々もカザフからの帰国に死にかけの状態で2日ほどかけ、日本に2日ほど滞在(療養)、イランへの移動にまた2日ほどかかる。ツアーオブイラン直前一週間が全く練習できていない危機的状態だった。とりあえず様子見ながら...と行きたかった。

    が、蓋を開けてみればタブリーズはタブリーズだった。

    200km超えのステージも臆すことなくレース前半から終始チームTT状態で、集団を20人ほどに絞る荒業を幾度となく披露。

    恐ろしいほどの力だった。

    しかし優勝はタブリーズ以外の選手。強大なタブリーズについていけるだけの最低限の力を保有しており、彼らがスキを見せた瞬間を逃さず他の選手に差をつける何かを持っていた選手が優勝していた。

    自分はタブリーズに付いていくだけで精一杯。悔しいが、一週間前に血を吐いていたことを考えれば、総合17位、UCIポイントたったの3点も致し方ない。食あたりによる減量が功を奏したか。

    イランは自分が過去に行ったイスラム教の国でも、一番濃厚な国だった。女性は決して肌を見せず、酒は一切手に入らない。インターネットは検閲が厳しく、アメリカからの経済制裁によってクレジットカードはほぼ使えない。正直不便としか感じなかったが、これも異国の空気。これも旅。

    こうして今年のジャパンカップ準備計画が完了した。

     

    帰りに寄ったイスタンブールにて。このメンバーでの活動もあと数回。

     


    コメント
    体調は、いかがですか。
    一陽来復を願ってます。
    ジャパンカップの活躍を、楽しみにしています。
    • じゅん
    • 2017/10/17 10:44 PM
    お帰りなさい。
    いい写真ですね。
    少しでも雨予報が外れるように祈りながら、
    JAPAN CUP 楽しみにしています☆
    • HIRO
    • 2017/10/19 12:33 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM